叡山電鉄


元京福電気鉄道。京都出町柳から観光地鞍馬・岩倉・比叡山口を結ぶ鉄道です。50‰区間が存在します。

昭和62年から営業開始のデオ700形です。殆どがカルダン駆動ですが、一部吊り掛け駆動が存在します。1連運転の為、主に比叡山口-出町柳間で運用されます。

(その他の写真)
平成2年から運用開始のデオ800形です。カルダン駆動で2連運用です。主に鞍馬-出町柳間で運用されます。50‰区間用となるため、やや走行音が大きいです。

(その他の写真)
平成9年から運用開始のデオ900形です。カルダン駆動で2連運用です。主に鞍馬-出町柳間で運用されます。50‰区間用となるため、やや走行音が大きいです。
パノラミック電車「きらら」という愛称が付けられており、方向転換が可能なクロスシートを備えております。

(その他の写真)
京福電気鉄道時代活躍していたデナ21型です。
鞍馬駅に先頭部分のみ飾られています。3扉車両です。
出町柳駅です。京阪・叡山電鉄のターミナル駅となっております。