阪急電鉄


大阪から神戸・京都・宝塚を結ぶ鉄道です。伝統あるマルーン色を守っています。古い写真はありません。

1925年より営業運転開始。
P6の愛称で知られ、当時としては100km/hを出せるという画期的な車両でした。
現在は廃車され、正雀車庫に動態保存されています。
最後まで残った方向版使用の車両です。当時は大多数を占めていましたが、時代の波には勝てず、嵐山線などの支線運用のみとなっています。
2300系です

(その他の写真)
最後まで残った方向版使用の車両でしたが、大規模更新にて方向幕が取り付けられました。
優等運用でも活躍しています。
最後まで残った方向版使用の車両です。当時は大多数を占めていましたが、時代の波には勝てず、嵐山線などの支線運用のみとなっています。
3000系です

(その他の写真)
最後まで残った方向版使用の車両です。当時は大多数を占めていましたが、時代の波には勝てず、嵐山線などの支線運用のみとなっています。
3100系です

(その他の写真)
3000系の方向幕改良車両です。基本性能は変わりありません。まだまだ活躍するでしょう。
堺筋線乗り入れの為、車両長が短めに設計されています。主に堺筋線内、北千里・高槻市方面へ運用されています。

(その他の写真)
主に宝塚線で活躍中の車両です。冷房車として登場。5300系とほぼ性能は同じです。
堺筋線乗り入れの為、車両長が短めに設計されています。主に堺筋線内、北千里・高槻市方面へ運用されています。
最近方向幕が変更された車両は大型のものが採用されています。

(その他の写真)
5100系車両のマイナーチェンジ車両です。近年、白帯が入ったり、方向幕が大型化されたりしています。
阪急の代表的な車両です。主に特急で運用されており、唯一2扉車です。ブルーリボン賞受賞車両です。
車内は転換クロスシートとなっており、運転席より一括転換が可能となっています。

(その他の写真)
京都線で活躍する車両です。近年、白いラインが入っているものもあります。

(その他の写真)
VVVF搭載車両として登場。比較的初期のVVVF音を奏でています。いままでの車両と比べ乗り心地が良くなっています。神戸線・宝塚線で活躍中。
VVVF搭載車両として登場。比較的初期のVVVF音を奏でています。いままでの車両と比べ乗り心地が良くなっています。京都線で活躍中。

(その他の写真)
9300系をベースに神戸線や宝塚線で導入予定となっています。9300系と同様の構造ですが、方向幕にLEDを採用、ロングシートとなっています。

(その他の写真)
阪急電鉄、京都線の新鋭特急型車両です。
シングルアーム・冷房装置まで高さがある屋根、大型窓、3扉では初のクロスシートとなっています。
内装はかなりきれいで、収納型座席・高級感あふれる内装が特徴です。

(その他の写真)
阪急京都線は東海道新幹線と併走区間があり、このようなシーンも楽しめます。

一見同じ速度に見えますが、圧倒的速さで抜かれます。。。
阪急はこのように、並ぶことが多いです。
旅先の鉄道たち