泉北高速鉄道


南海中百舌鳥から泉北泉中央を結ぶ第三セクターです。かなりの高速運転が楽しめます。

泉北高速鉄道主力車両です。100系と類似していますが、登場当初より冷房車です。

セミステンレス製で、後半にステンレス化されましたが、老朽化で2007年より廃車が発生しており、全廃される可能性があります。

(その他の写真)
近代化の為登場した新鋭車両です。非貫通8両固定編成となっており、南海にはないタイプです。
ドアチャイムが取り付けられています。

(その他の写真)
近代化の為登場した新鋭車両です。VVVF-IGBTに変更され、非常に静かな起動が特徴です。
観音開き貫通扉が特徴で2両から10両まで自由な組み合わせが可能です。

(その他の写真)
2007年春より運用開始の車両です。7000系をベースにしていますが、貫通扉の変更・HID式前照灯となり、車内もLCD駅案内が搭載され、大幅に変更されています。VVVF-IGBTですが、更に静かになった感じです。

これにより、3000系が淘汰される可能性が高いです

(その他の写真)
旅先の鉄道たち