神戸電鉄


神戸の勾配の厳しい区間を走る鉄道です。ほとんどが50‰勾配ですが通勤区間です。

通勤電車では非常に珍しい単行運用できる車両です。現在は単行運用はありません。
神戸電鉄での主力車両です。
50‰の連続した急勾配を走行する為、かなり走行音が大きいのが特徴です。
こちらは3両編成で運行されており、ワンマン対応となっています。

(その他の写真)
神戸電鉄での主力車両です。
50‰の連続した急勾配を走行する為、かなり走行音が大きいのが特徴です。
こちらは3扉4両編成で運行されています。
1100系をベースに製造された車両です。ワンマン対応となっているのが特徴で、運用開始時点から新塗装です。
神鉄初のアルミ車両で、また、冷房装置が標準装備です。導入時期によりやや顔/側面の方向幕が異なります。一次車
神鉄初のアルミ車両で、また、冷房装置が標準装備です。導入時期によりやや顔/側面の方向幕が異なります。二次車
神鉄初のアルミ車両で、また、冷房装置が標準装備です。導入時期によりやや顔/側面の方向幕が異なります。三次車
神鉄初のアルミ車両で、また、冷房装置が標準装備です。導入時期によりやや顔/側面の方向幕が異なります。四次車
神鉄において、大きく顔の変わった車両です。この車両により、旧型車両がかなり廃車となりました。
この車両は抵抗制御車です。
神鉄において、大きく顔の変わった車両です。この車両により、旧型車両がかなり廃車となりました。
この車両はVVVF車です。
鈴蘭台駅での並びです。ここで本線と栗生線が分かれます。