宮崎 彗星号往復の旅(2005-09-09)





ブルートレイン彗星号の乗車の為、出かけました。
この日は夜まで時間があった為、名古屋まで足を運びました。まずは新快速で草津駅まで向いました。
(大阪駅の写真ではありません)






朝に到着する彗星号の時間が近かった為、撮影の為、京都で途中下車しました。少し薄暗かったですが、南宮崎からの彗星号が滑り込んできました。天気もよかった為、いい感じに撮影できたと思います。





普通電車に乗り換え、草津まで向いました。車両はかつての新快速用車両です。




ここで、草津線に乗り換えます。朝の通勤時間のためか結構な乗車率です。
車内は固いクロスシートとなっています。




かなり電車に揺られながら柘植駅に到着です。最近乗った中ではかなり乗り心地が悪かった路線でした。
沢山いた乗客たちも、柘植到着の頃には数人となっていました。
           
柘植駅の外見です。松尾芭蕉の生誕地だそうです。



関西本線に入り、ここからはDCとなり、単行運転です。
乗り換えて亀山駅に向います。






途中、スイッチバックにて待避線に入り対向列車を待ちます。




亀山に到着です。ここからはJR東海車両となり、雰囲気が変わります。
クロスシート車両で快適です。




名古屋に到着です。主要駅で新幹線停車駅となっております。近鉄・名鉄・地下鉄など、ターミナル駅です。ここで食事休憩としました。




ここで乗車したことの無い名古屋鉄道に乗ることとしました。まったく分からないので、とりあえず特急で名鉄岐阜駅まで行くことにしました。車内は結構明るく、自由席は半分がクロス、半分がロングシートと変わった感じでした。





ここからは再びJR東海道線です。岐阜から大垣まで向います。快速ですが、この区間は各停です。




米原までは運転本数が少ない事と、車両編成が短いので大変です。
ここでも西日本の旧新快速の117系車両が活躍しています。





再び米原から新快速に乗車です。京都まで快適に行くことができます。
しかし、この日は凄まじい雷雨で、電車が運休しないかはらはらしました。





猛烈にピンボケですが、手持ち撮影ですのでご容赦を。
彗星号の出発時間まで駅でうろうろしていました。






彗星号入線です。少し暗いですが、撮影マナーの為フラッシュが焚けない為、スローシャッターで撮影しました。








すこし傾いていますが、南宮崎行き彗星号に乗車します。あかつき号と連結していきます。




B寝台の1Fです。一番スタンダードな寝台です。シーツと布団と枕が用意されています。ベッドの固さは普通ぐらいです。高い身長の人は大変かもしれません。





こちらは上段です。広く感じますが結構ゆれます。わたしは下段派です。








山陽線を揺られながら、門司駅に到着です。ここであかつきとわかれて、彗星号は大分方面へ向います。機関車も交換されます。




門司駅の駅表示です。九州の玄関口です。
九州はよく帰省するので、見慣れた感じです。発車ベルや到着の放送はあまり変わっていませんでした。
        
大分駅に到着です。ここで機関車を交換し南宮崎へ向います。ここでも大勢のカメラ撮影者がいました。
南宮崎に到着です。広い駅ではないため、機関車がかなり前にきています。撮影者がいなくなってからゆっくりと撮影しました
同じく南宮崎です。天気もよくいい感じに撮影できました。
                         
南宮崎は大きな駅ではないですが、各方面への分岐点という事もあり人通りも多いようです。





南宮崎駅での時間を利用して食事としました。日向鶏との事でしたが、まだ温かい事もありすごく美味しかったです。私もぶろいライナーですが、決して共食いではありません。価格も安く、肉の食感と味付けが最高でした。









南宮崎駅では彗星号の展示パネルが置かれていました。走行時の写真、かつての懐かしい写真が満載でした。





宮崎県は先の台風14号でかなりの影響を受け、電車も運休が相次いでいました。南のほうまで行こうと思いましたが、運休の為青島まで行くこととしました。






青島駅に到着しました。ここから徒歩で青島まで行くことができます。時期はずれの為がらがらでした。
青島に到着です。台風の影響で漂流物が多いですが、綺麗なところです。
これは鬼の洗濯板といわれています。自然の造形物とは思えない美しさです。






観光を楽しんだあとは南宮崎まで向います。線路を見ると色が変わっているのが分かりますが、台風14号の影響で停電とのことで、全列車が青島駅で折り返し運転です。その為、線路が錆びていると思われます。この日は台風15号の余波でときより黒い雲がやってきて雨が降りました。







帰りの彗星号がやってきました。ホームの関係上、バックで入線です。台風15号の余波で本降りとなってきましたが、数多くの撮影者が撮影していました。






雨で少し切れていますが・・・
京都に向けて出発です。





少し荷物が汚いですが、B寝台ソロです。下段は初めてですが、結構静かでいい感じです。





再び大分です。ここで機関車を交換します。大雨で撮影は一瞬しか行えません。




門司駅到着です。ここであかつき号と連結します。雨にもかかわらず、皆さん撮影大変ですね。わたしもそうですが。





あかつき号が長崎からやってきました。





連結の瞬間です。








京都駅に到着です。かなりの長旅となりましたが、心に残る旅行となりました。ブルートレインがなくなるのは寂しく思います。日本の誇る寝台特急はまた復活してほしいものです。



2005年9月11日終了
旅先の鉄道たち