南海和歌山港線途中駅廃止(2005-11-26)








今回は和歌山港線の途中駅廃止イベントに赴きました。
写真に見える久保町駅は無人駅で、殆ど利用者がいません。










当日はこのように、駅看板はなくなっておりました。








この日は写真撮影者を見込んでか、加太線専属の7100系が入線しました。









朝日を浴びて力走する7100系。
まだ撮影者は殆どいません。







和歌山港駅にて、朝日を浴びる7100系。
まだ時間が早いこともあり、撮影者はまばらでした。








築港町駅にて、まだ時間が早いこともあり、撮影者はまばらでした。


 






本日、イベントとは関係なく、偶然なのかはわかりませんが、1051系が入線しました。これを予期していた人は少なかったでしょう。最初で最後の、運用中の駅を絡めた姿となりました。








また、これも偶然なのか、旧塗装車両も入線するという、珍しいものばかりとなりました。







築地橋駅に入線途中のズームカー。

この姿も見納めとなります。


 
10時よりさよならヘッドマークが掲げられました。











お昼過ぎまでは7100系が担当しました。










お昼を過ぎたあたりからズームカーにバトンタッチしました。
ズームアップです。











お昼を過ぎたあたりからズームカーにバトンタッチしました。









築地橋をわたるズームカー。









こちらも有名な撮影ポイントです。
最後の力走です。









この表示も最後となります。










7番線ホームも消滅します。
この姿も過去のものに・・・


夕日をバックに和歌山市駅へ向うズームカー


折り返し、和歌山港行きとなるズームカー。最後に相応しい絵ですね。
イベントは込み合うことなく終了しました。
旅先の鉄道たち